書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆稲賀繁美
「夢」を巡る語彙のたゆたいを――夢想の方法論的反省にむけた覚書(下)
No.3210 ・ 2015年06月13日




■(承前)こうしてみると、日本文学における「夢」の解析は、これを狭義の国語学や国文学の内部だけで遂行するのでは、いかにも不十分かつ危険なことが見えてくる。そもそも「夢」の概念規定そのものが、近代以降の欧米語との交流のなかで変成を蒙り、国語国文学における探求の枠組みもまた、舶来学術との接触のなかで変貌を遂げた国学の姿を映している。折口は「のすたるじい」の典型を、上代文学の「おもかげ」に探り当てていたからである。
 「夢想」とはルソーの『孤独な散歩者の夢想』でもあって、昂進すれば白昼夢から幻覚にまで結びつく。だが『日本国語大辞典』の「ゆめ」の項は、ここでもこの語意の用例に欠く。その反面『集英社国語辞典』第3版は「幻視」に「医学用語」との注記をつけvisual hallucinationの英語を添えている(今野真二)。語彙論あるいは語彙史の立場からみれば、「幻視」などはたしかに「非歴史的」な「現代的」訳語に過ぎまい。だがこうした概念枠が一度術語として定着すれば、そこから時代を遡って、過去の文献に該当例を探ることとなる。「幻視」「幻覚」といった語彙は古代には不在だろうが、実例には事欠くまい。
 概念枠の網目と、呼応する隣接語彙群探しとには相互循環が発生する。容器と中身との鼬ごっこは、構造主義言語学のイロハである。本邦の国語辞典は、何故かそうした方法論的反省を欠き、明治以降の外来語経由の概念枠の扱いに、なお習熟不全な欠陥を温存しているように見受けられる。

*「夢と表象――その国際的・学際的研究展開の可能性」(国際日本文化研究センター、2015年3月1‐3日、荒木浩主催)席上で発言し損ったコメントを、備忘録として文章に残す。







リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 飛ぶ孔雀
(山尾悠子)
2位 責任について
(徐京植ほか)
3位 京都、パリ
(鹿島茂ほか)
■青森■成田本店様調べ
1位 どう見える?
生きる跡アート
(高橋弘希)
2位 下町ロケット
ヤタガラス
(池井戸潤)
3位  大家さんと僕
(矢部太郎)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 すぐ死ぬんだから
(内館牧子)
2位 沈黙のパレード
(東野圭吾)
3位 50歳からのきくち体操
(菊池和子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約