書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります

第3395号 2019年04月13日 (土曜日)
今週の一面 変わらぬ多数派、現世で夢を実現する個人の革命 池田浩士氏インタビュー
書評その他 歴史の連続性を強調する視点――西洋中心主義的な思考への批判が陥りがちであった西洋対非西洋、中心対周縁という図式化、「伝播モデル」への批判 岡本充弘
書評その他 戦争と書籍収集や情報収集とがどう関わっていたのか――イギリスの図書館での長い経歴を持つ著者ならではの貴重な報告 常盤智子
書評その他 「混血児」と「日本人」との分断線を架橋する――戦後の教育実践をめぐる本格的な研究書――「混血児」の生存・教育・労働という視点から日本社会の現代的課題を問い直す 下地ローレンス吉孝
書評その他 脳と意識の仕組みを提示する――私たちは鍵体験なしには生きられない 佐藤愛
書評その他 孤立問題のメカニズムを解明――孤立不安に抗う上で、実証的な根拠に基づく実践的示唆を与える 松宮朝
書評その他 「在日韓国人留学生スパイ“ねつ造”事件」を整理した貴重な資料――日韓関係改善への両国市民の連携が求められる今こそ、手に取りたい一冊 木村貴
書評その他 「名誉」を導きの糸に「感情の歴史」を切り拓く――歴史学と社会学の対話を前進させる実証研究 石井香江
書評その他 時空を飛び超えて影響を及ぼし合う非局所性のマジックは、SFもビックリだ――宇宙の究極の構成要素は空間的ではない 大野秀樹
書評その他 両者とも自身の身の置き所ない思いで日本の歴史責任を追及――政治と文学、政治と文化交流の葛藤のなかで作家たちが格闘していた時代 佐藤泉
書評その他 読みごたえがある力作――言葉、概念、意味から映像文化史における「アニメーション」を探求 須川亜紀子
書評その他 ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)の「世界図絵」の「共時性」 翻訳は革命とかさなりあう実践でありうるのだろうか? 白石嘉治
書評その他 三つの辺野古――日本は日本に負けたのだ 増田幸弘
書評その他 ベルンハルトの誕生――ベルンハルトの文体はしばしば「音楽的」と評されるが、彼の芸術家としての気質は実際のところ演奏家のそれに近い 金志成
書評その他 飛躍を恐れぬ闊達な「推論」の妙――「立憲主義」の孤塁を維持していく様相 中山弘明
書評その他 作品と社会の関わりを引き出す――これからミステリーを手に取りたいという読者にとって新たな観点によるブックガイドとなりうる 横濱雄二
連載 当事者性へ「悶え加勢」し、ジャンルを架橋していく試み 岡和田晃
連載 メチャクチャな映画だが、現実の方がもっとメチャクチャだ――才谷遼監督『ニッポニアニッポン――フクシマ狂詩曲』 伊達政保
連載 暗黒の時代から漆黒の世へ⑱――構造としての〝アベシンゾー〟⑩ 添田馨
連載 新刊目録 3・22 ~ 3・28 編集部
連載 漫画とは考える画である、の巻 秋竜山






サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約