書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります

第3266号 2016年08月06日 (土曜日)
今週の一面 桐山襲から現代を読む――80年代において語りえていないものとは何なのか 対談 陣野俊史×中村隆之
書評その他 真実は常に薮の中――因果関係では説明できない不条理な世界 増本浩子
書評その他 ショートスパンの思考を抜け出す――ロングタームで解釈しなおす行為の連続という人文学の使命を実践 山田雄三
書評その他 時代の思想への鋭い問いとなりうる市民的公共性の視点――改憲が「公共」を市民からますます遠ざけようとする今こそ熟読されるべき書 植村秀樹
書評その他 日本海軍軍令部、外務省などが展開した世界各地での情報活動を詳細に描写・分析――綿密な調査に基づく貴重な新発見が随所に見られる 田嶋信雄
書評その他 「慰安婦」問題が本来のテーマから離れていく事態に陥った経過を追跡――自らが「暴力」に与していないか、不断に振り返るために読まれるべき本 河かおる
書評その他 自意識のドラマ――歴史的史料としても読める貴重な短編小説集 大浦康介
書評その他 抵抗の理論としての「批判的社会理論」――自らの承認論をより説得的なものとするべく格闘をつづけるホネット 大河内泰樹
書評その他 「途上」こそが信仰のありようなのではないか――サンティアゴ徒歩巡礼を「途上」という様態として捉える 梶葉子
書評その他 一日一組限定の、いつもシアワセ気分にさせてくれる赤坂のフレンチ「FOND」――コンタドールが最高の状態で飲めるレストラン 大野秀樹
書評その他 俯瞰の愛――ウニー・ルコント監督『めぐりあう日』 睡蓮みどり
書評その他 「音楽」を懐にあたためること――ジョン・ケージと録音物をめぐる矛盾を考察する 渡邊未帆
書評その他 芸術論を超える芸術論の構築を目指す――他で聞いたことのない魅力的な切り口の論考 宮田徹也
書評その他 「ゲットー」の謎に挑む――語源について斬新な仮説を提示 藤内哲也
書評その他 正史には書かれない、庶民の歴史――ヤミ市は日本の戦後復興の担い手だった 堀江朋子
書評その他 戸坂潤と彼をめぐる哲学者群像を鮮やかに描く――反ファシズムが必要ないまこそ読まれるべき一書 三輪智博
書評その他 九鬼周造の「ことば」の哲学――日本哲学研究の第一人者が主要著作を読み解く 寄川条路
書評その他 日中韓の豊饒な昔話の世界に接する――最も共同体に関わる物語が、微妙な差異を生起させている 村木哲
書評その他 「人間」と「土地」の写真家・奈良原一高――写真を問い詰めていく長い旅が匂い立ち、きわめて緻密な文章で、いっさいの無駄を感じさせない巧みさに息を呑む 増田幸弘
連載 地方文化の保存と未来を託して――『「本の寺子屋」が地方を創る――塩尻市立図書館の挑戦』(本体一二〇〇円、東洋出版) 小嵐九八郎
連載 声はどこから到来し、どこに宿り、どこへと舞い発つのか――疑似餌としての標準語・霊媒としての詩語 稲賀繁美
連載 音は漫画の命、の巻 秋竜山
連載 新刊目録7・14 ~7・20 編集部
連載 馬込川の宴 杉本真維子






サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 デザインの仕事
(寄藤文平著、木村俊介 聞き書き)
2位 蔵書一代 なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか
(紀田順一郎)
3位 すごいトシヨリBOOK トシをとると楽しみがふえる
(池内紀)
■青森■成田本店様調べ
1位 東北のしきたり
(鈴木士郎)
2位 肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい
(西山耕一郎)
3位 影裏
(沼田真佑)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 九十歳。何がめでたい
(佐藤愛子)
2位 死ぬほど読書
(丹羽宇一郎)
3位 いのち愛しむ、人生キッチン 92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術
(桧山タミ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約