書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります

第3213号 2015年07月04日 (土曜日)
今週の一面 本格的なラカニアンの到来 対談 松本卓也×向井雅明
書評その他 文体のほとりから――文体なるものが、そもそもどこから文体と呼ばれ得るものか、 荻世いをら
書評その他 文学の生成現場の臨場感――明治初期の翻訳が生み出したものに迫る 平石典子
書評その他 イスラーム主義の思想を原典から読み解く――勇気ある出版を称えたい 末近浩太
書評その他 芸術の花園を起ちあげんとする――小林秀雄の美学(者)批判を、美学(者)の立場から批判し返す 春木有亮
書評その他 教化という行為を軸にして「学問なるものの本質」に迫ろうとする試み――石門心学を中心に据えて近世民衆思想を考究。現代の教育問題と通底する議論を展開 森田健司
書評その他 「国民」から「人民」への読み替えを――多義性=曖昧性をはらんだ《peuple=people》=「人民」という語をめぐる六人の論者の持論を集成 杉村昌昭
書評その他 現代史の貴重な記録――すぐれた報道写真家の仕事を思わせる手腕と非日常世界の人類学的な解釈の手堅さ 峯陽一
書評その他 はじめての本格的研究、まさに待望の書――羽仁もと子の思想形成期から現代までを分析 小山静子
書評その他 明治以後の「近代美術史」の作家論を軸に展開される日本美術史――日本美術全体像の把握に変化を齎すことに主眼が置かれているのではないか 宮田徹也
書評その他 「生」と「死」を軽やかに往還させてくれる作品世界――終景の描き方に秀抜さを感じる 久保隆
連載 感動は人を動かす 中土居一輝(谷島屋 浜松本店)
連載 トライアングル・ラブ・レター ――呉美保監督『きみはいい子』 谷岡雅樹
連載 すべての問題の根本は資料費の削減にある――図書館と出版社が互いに意見を言える場を設けるべき 番外編 図書館流通センター・谷一文子代表取締役会長
連載 「辛抱強い東北人は、もっと声上げてイイんでないか! 叫んでイイんでないか!」――白崎映美&とうほぐまづりオールスターズの東北ツアー 伊達政保
連載 「辛抱強い東北人は、もっと声上げてイイんでないか! 叫んでイイんでないか!」――白崎映美&とうほぐまづりオールスターズの東北ツアー 伊達政保
連載 中国の松本清張ブームに日中文化交流の将来を探る――王成教授講演「越境する「大衆文学」の力:なぜ中国で松本清張が流行るのか」から(上) 稲賀繁美
連載 タイトルがずばり過ぎる 小嵐九八郎
連載 人か神かロボットか、の巻 秋竜山
その他特集 『シェルターからコックピットへ 飛び立つスキマの設計学』を出版した 椿昇
その他特集 「中嶋学」を考えるための入門編であり決定版 桜美林大学教授/同大学北東アジア総合研究所所長・川西重忠氏インタビュー






サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
『句集 別の朝』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 東京わざわざ行きたい街の本屋さん
(和氣正幸)
2位 散歩本を散歩する
(池内紀)
3位 日本の覚醒のために 内田樹講演集
(内田樹)
■青森■成田本店様調べ
1位 おッ!見えた、目ん玉が!
(佐藤きむ)
2位 津軽学11
()
3位 そらとぶこぎん 創刊号
()
■新潟■萬松堂様調べ
1位 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
(ケント・ギルバート)
2位 生きてこそ
(瀬戸内寂聴)
3位 今こそ、韓国に謝ろう
(百田尚樹)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約