書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります

第3162号 2014年06月14日 (土曜日)
今週の一面 思想の「大地」へ――「右」でも「左」でもないもの、何か徹底的に違うところから育ち始めているものが見てみたい 対談 中沢新一、岩野卓司
書評その他 ベックのリスク社会論の展開をうかがうことができる――現代はいかなる時代なのか、教えられるところの多い書物 伊藤美登里
書評その他 多角的な視点から試みられるハイデガーの批判的検討――新たな思索の鉱脈が潜む可能性 高田珠樹
書評その他 河合栄治郎の社会思想と生涯、後継者の足跡から近現代日本のイギリス理想主義受容を明らかに――個人と国家の関係性をめぐる社会思想研究のマイルストーン 渡辺かよ子
書評その他 現代短歌の新人による多種多様な試み――ひとつひとつの連作が粒立っている 金原瑞人
書評その他 両刃の新機軸――研究者による厳正な通釈と作家による個性に富む現代語訳という、双方の利点を兼ね備えた画期的な書 はんざわかんいち
書評その他 ひとつの時代、ひとつの状況の再現として貴重な読み物――二十世紀西欧の歴史や文化に関心を寄せる広範な読者にも開かれた書 塩塚秀一郎
書評その他 「処女作」の意味を小説に即して明らかにする――堀辰雄におけるジャン・コクトオ受容の変遷とその特質 押野武志
書評その他 その後の方法論が、すでに色濃く反映されたディディ=ユベルマンの第一作――にあたって新たに加えられた「あとがき」も優れた論考として注目したい 橋本一径
書評その他 21世紀のハイエク像――自由で進化する未来を求めて 小峯 敦
書評その他 「解釈」の徹底ぶり――「独身者機械」の「唖然とするほどの並行関係」をあぶり出す 谷川渥
書評その他 人間と動物の病気には垣根はない――日本人が発見した「たこつぼ心筋症」をきっかけに生まれた汎動物学 大野秀樹
書評その他 不思議な印象を読者に与える一冊――多くの装画が南吉の韻文作品と溶け合っている成功作 澤村修治
書評その他 98ヶ所の多彩な祭りが、著者による写真と的確な短文によって紹介されている――多様な民間の祭りには生きていくことへの潜在力がある 久保 隆
書評その他 今日の「アイドル」というジャンルの特徴を描出――「アイドル」をめぐる認識の混乱が生まれやすいポイントを確認しては整理する 中島とう子
書評その他 思いがけず子どもを傷つける一言  
書評その他 算数の醍醐味は素早い解答よりもプロセスにあり!  
連載 わからないアジェンダ、の巻 秋竜山
連載 30年の重みが、この映画にはある――三國連太郎主演の『朽ちた手押し車』(監督・島宏) 伊達政保
連載 野坂昭如氏を想う――「オール讀物 5月号」(本体九〇七円・文藝春秋)ほか 小嵐九八郎
連載 ジャン・ノルトン・クリュ『証言者たち』の〈証言〉――戦争の実像に一点の曇りも許容しない語り口の裏の張りつめた精神のありよう 小黒昌文
連載 すべてはバスから始まった…… 倉石一郎
連載 改めて、戦前と戦後の連関性を 鈴木慎二(BOOKS隆文堂)
連載 連載をはじめるにあたって 前田和男
連載 マンガのバイリンガル化は意外に進んでいるようで。 ベイベー関根






サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 マチズモを削り取れ
(武田砂鉄)
2位 喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
(山下賢二)
3位 古くて素敵なクラシック・レコードたち
(村上春樹)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 老いる意味
(森村誠一)
2位 老いの福袋
(樋口恵子)
3位 もうだまされない
新型コロナの大誤解
(西村秀一)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約