書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


〈世界内戦〉下の文芸時評
「ボヴァリー夫人は私だ」と言うために 岡和田晃
「制度」を強化させるための批評とは異なる道筋 岡和田晃
「敵」としての文芸時評宣言 岡和田晃
拡張現実を過去にも適用する、「弱い」インターフェイス 岡和田晃
被害者の痛みを見えなくさせる「空気」の病理 岡和田晃
レイシズムを容認せず、文学っぽさの再生産にも加担しない道へ 岡和田晃
極右二大政党を前に、待ち構える「捕獲装置」の「あはれ」 岡和田晃
終わらない「三島問題」と、Jアラートが交錯する地点 岡和田晃
結節点を忘却した「批評」と、スペキュレイティヴ・フィクションの浸透 岡和田晃
ハイブリッド戦争を解体させるイロニーは提示可能か? 岡和田晃
他者を殺すこと、あるいは自己を殺すこと 岡和田晃
「超虚構」理論の敗北と、プラセボ効果としての政治力学 岡和田晃
文学で憑在論的な戦争は止められるのか? 止められる。 岡和田晃
「記述の異物」としてのバロック性を評価し、芥川賞のマッチポンプを乗り越えよ! 岡和田晃
ホモソーシャルな「日本人性」に回収されない批評を求めて 岡和田晃
「解体と断片化の運動」が露わにした背理のメカニズム 岡和田晃
「思考する新たなコギト」が撃つべきシステムへと跳躍せよ 岡和田晃
世界劇場のイメージに呑まれず、その風景を活写すること 岡和田晃
「崩壊するスペクタクル」を伝える「伝承のない文芸」 岡和田晃
事実として復讐する、無意識の欲望が向かう先 岡和田晃








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 真実
(梶芽衣子著、清水まり構成)
2位 辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦
(高野秀行、清水克行)
3位 知性は死なない 平成の鬱をこえて
(與那覇潤)
■青森■成田本店様調べ
1位 日本軍兵士
(吉田裕)
2位 藤巻健二写真集

3位 青くて痛くて脆い
(住野よる)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 あいうえおことばあそび はじめてのえほん
(そねえつこ え)
2位 漫画 君たちはどう生きるか
(吉野源三郎 原作)
3位 どうぶつえんだいすき はじめてのえほん
(とりごえまり え)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約