書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


シネマの吐息
これまでの家族の物語を超越している――ミシェル・フランコ監督・脚本・製作・編集『母という名の女』 睡蓮みどり
目が離せない俳優ふたり――ルカ・グァダニーノ監督『君の名前で僕を呼んで』、レオノール・セライユ監督・脚本『若い女』 睡蓮みどり
コミュニケーション不全の恋人たち――イルディコー・エニェディ監督・脚本『心と体と』 睡蓮みどり
ハネケの最高傑作なのではないか――ミヒャエル・ハネケ監督『ハッピーエンド』他 睡蓮みどり
ミューズたちはいつも逆境のなかで――S・レリオ監督『ナチュラルウーマン』他 睡蓮みどり
過酷さのなかで見る夢――ワン・ビン監督『苦い銭』、ナナ・エクフティミシュヴィリ他監督『花咲くころ』 睡蓮みどり
もっと繊細さのある世の中に生きたい――ライナー・ホルツェマー監督『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』 睡蓮みどり
過去に生きていない男――アレハンドロ・ホドロフスキー監督『エンドレス・ポエトリー』 睡蓮みどり
映画を通して知るアジア――第30回東京国際映画祭から 睡蓮みどり
暴風雨の夜に――黒沢清の「風」は、どこか別の世界から吹いてくる 睡蓮みどり
なぜか善人になれない――ラヴ・ディアス監督『立ち去った女』 睡蓮みどり
舌足らずなあなたの言葉が聞きたい――クリス・クラウス監督『ブルーム・オブ・イエスタディ』 睡蓮みどり
「悪夢のような」というにはなまぬるい――ポール・ヴァーホーヴェン監督『エル ELLE』、アマンダ・シェーネル監督『サーミの血』 睡蓮みどり
追悼 憧れよりも遠く、ジャンヌ・モロー――理想的な悪女だった 睡蓮みどり
ハネムーンキラーズとハネムーン・キラーズ――ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督『地獄愛』、レナード・カッスル監督『ハネムーン・キラーズ』 睡蓮みどり
新世代の美少年たち――S・カンター監督『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン――世界一優雅な野獣』、G・A・グズムンドソン監督『ハートストーン』、M・ベロッキオ監督『甘き人生』 睡蓮みどり
嘘を重ねて真実を――「石井輝男十三回忌特集上映」(@東京・渋谷シネマヴェーラ、6月16日まで) 睡蓮みどり
カンヌ国際映画祭とファッション――オリヴィエ・アサイヤス監督『パーソナル・ショッパー』、アンドリュー・ロッシ監督『メットガラ』 睡蓮みどり
彼ら/わたしたちとは誰なのか――バリー・ジェンキンス監督『ムーンライト』、ジェフ・フォイヤージーク監督『作家、本当のJ.T.リロイ』、ヴォルフガング・ベッカー監督『僕とカミンスキーの旅』 睡蓮みどり
とても幸福なおんなたち――サイモン・アバウド監督『マイ ビューティフル ガーデン』ほか 睡蓮みどり








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 飛ぶ孔雀
(山尾悠子)
2位 神様のいる街
(吉田篤弘)
3位 はじめての沖縄 よりみちパン!セ
(岸政彦)
■青森■成田本店様調べ
1位 すい臓がんステージⅣから還ってきた男
(川嶋勝美)
2位 カミサマをたずねて
(根深誠)
3位 そらとぶこぎん 第2号

■新潟■萬松堂様調べ
1位 極上の孤独
(下重暁子)
2位 あいうえおことばあそび はじめてのえほん
(そねえつこ え)
3位 九十歳。何がめでたい
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約