書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


娯楽トンボの眼
歴史の特徴とその匂いを炙り出す――佐久間章孔歌集『洲崎パラダイス・他』(本体二〇〇〇円、皓星社) 小嵐九八郎
よくぞこの短い文にと感嘆――春風亭一之輔著『いちのすけのまくら』(本体一五〇〇円、朝日新聞出版) 小嵐九八郎
「あ、ここ」でぎらりと押し寄せる 小嵐九八郎
よくぞ出してくれた――大庭萱朗編『田中小実昌ベスト・エッセイ』(本体九五〇円、ちくま文庫) 小嵐九八郎
小説は滅んでもこの書は残るだろう――瀬戸内寂聴著『いのち』(本体一四〇〇円、講談社) 小嵐九八郎
滅びが必至のにっぽんへの抗い 小嵐九八郎
読み手がクールに自己を分析できる 小嵐九八郎
短歌の王道と別の道の二つアリ 小嵐九八郎
滅びを目前にする時に 小嵐九八郎
短歌の音律性の重大性――笹公人著『ハナモゲラ和歌の誘惑』(本体一三〇〇円、小学館) 小嵐九八郎
「真似って駄目なのか」、しかし…… 小嵐九八郎
青少年より、大人のハートを撃つ小説 小嵐九八郎
大エンターテイナー兼思想家の背景 小嵐九八郎
歴史・今・権力への考察が骨太――TBSメディア総合研究所編『調査情報 2017年1~2月号』(本体七三一円、TBSテレビ発行) 小嵐九八郎
『コーラン』、イスラム法での女の扱い 小嵐九八郎
老いと死と、仏教的諦観との角逐 小嵐九八郎
主人公の男はSMのMの極 小嵐九八郎
アラブ世界、イスラーム世界を見る眼――常岡浩介著『イスラム国とは何か』(本体一四〇〇円・旬報社) 小嵐九八郎
妖しく、切なく、悲しい――『森岡貞香歌集』(本体二〇〇〇円・砂子屋書房) 小嵐九八郎
九条議論のテキストに絶好だ――柄谷行人著『憲法の無意識』(本体七六〇円、岩波新書) 小嵐九八郎








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 飛ぶ孔雀
(山尾悠子)
2位 神様のいる街
(吉田篤弘)
3位 はじめての沖縄 よりみちパン!セ
(岸政彦)
■青森■成田本店様調べ
1位 すい臓がんステージⅣから還ってきた男
(川嶋勝美)
2位 カミサマをたずねて
(根深誠)
3位 そらとぶこぎん 第2号

■新潟■萬松堂様調べ
1位 極上の孤独
(下重暁子)
2位 あいうえおことばあそび はじめてのえほん
(そねえつこ え)
3位 九十歳。何がめでたい
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約