書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


広大な文学の海へ――それにしても「愛」とはなんと深く、照れくさく、難しいものか 永田千奈
現代史を新しい視点で振り返る一助になる良書――米国の政策が冷戦期以降、今でも「形を変えた植民地主義」であるという結論を大胆に導き出した 永田和男
古典小説に新たな光を――『ドラキュラ』以前/日本における吸血鬼小説の系譜をたどる 座談会 東雅夫×菊地秀行×夏来健次×平戸懐古
東アジア近現代史の空白――国際芸術祭「あいち2022」レポート(7月30日~10月10日、愛知芸術文化センター、一宮市、常滑市、名古屋市有松地区) 竹重伸一
誰も幸せになれない「自己責任社会」を、少しずつでも「まっとうな」社会に作り替えていくために――いまも続く福島第一原発事故の被害の深刻さと理不尽さを読者に突きつける 松井克浩
「日本国憲法・教育基本法・子どもの権利条約法制」による学校づくりと福祉国家構想――学校づくりを通して戦後教育史を語る 宮盛邦友
音楽の政治性、政治の音楽性――大衆娯楽映画は現状を告発する――ラージーヴ・メーナン監督『響け! 情熱のムリダンガム』 小野沢稔彦
昼の裏側にある夜の世界を覗き見る窓――マイナー言語の翻訳は日本語の言語空間に新しい窓を開く貴重な仕事だ 東條慎生
ジョイスと信仰という「古くて新しい」テーマに真正面から取り組んだ研究書――ジョイス作品の歴史的コンテクストを明らかにする 道木一弘
「宗教実践」と「宗教哲学」の領域を開拓し、独創的で刺激的な知見を提示――綱島梁川の神秘的体験の言説の独自性が鮮やかに示される 岩田文昭
「読者」はどこにいるのか――王朝文学の異端児を読む 奥村英司
オオカミと人間をめぐる歴史や文学、そして絶滅についての物語が綴られる――イギリスとアイルランドの対比により、オオカミをめぐる民族の相違が垣間見られる点に興味を覚える 菱川晶子
戦後インド社会の変容を事件を通じ見る――インドと日本の違いが浮き上がってくる 黒川類
誰が優生学運動に資金を提供したのか、誰がそれに同意したのか、誰が立場を利用して大量虐殺のギアを入れたのかを明らかに――何故日本でもこのようなことが起こったのかを理解する上でも役立つ 小野直子
「まごつき期」としての人新世における多様な芸術実践が鮮やかに記述される――「新しいエコロジー」を問うことは、来るべきデモクラシーをめぐる知とその実践なのだ 清水知子
学習のコンテンツ軽視の潮流に対し、コンテンツにこだわる――「社会的排除と包摂」を核とした教育実践と理論についての論集 若槻健
主張とテーマに還元されない豊かなエッセイ集――長い時間をかけて変遷を辿ってきた人種・ジェンダー・階級といった問題に目を向けさせる 矢倉喬士
『源氏物語』の新たな読みの成果――造語「風景和文」を打ち立て、その方法を明らかにしつつ、物語の風景と人物の心情と世界、さらには読者と風景の対面のありようを鮮やかに照らし出す 倉持長子
自由民主主義論の最前線――多方面から問いつづけていくプロセスそのものが、壊れかけた民主主義を支えていく実践的営為なのだというメッセージが伝わってくる 臼井陽一郎
「国葬」など論外だ 五野井郁夫氏インタビュー








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 マチズモを削り取れ
(武田砂鉄)
2位 喫茶店で松本隆さんから聞いたこと
(山下賢二)
3位 古くて素敵なクラシック・レコードたち
(村上春樹)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 老いる意味
(森村誠一)
2位 老いの福袋
(樋口恵子)
3位 もうだまされない
新型コロナの大誤解
(西村秀一)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約