書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
ノンフィクション
平山郁夫も夏目雅子もシルクロードへ行ったから癌死した
書籍・作品名 : 中国の核実験 シルクロードで発生した地表核爆発災害
著者・制作者名 : 高田純  
薔薇★魑魅魍魎   29才   女性  





それほど好きというわけではありませんがマイケル・ジャクソンはほとんど揃えているはずが、一番好きな名曲『BEN』がどのアルバムにも存在しないのでYou Tubeを開いてジャクソン・ファイヴ時代のマイケルの映像とともに流れる『Ben』を、ひさしぶりにウットリして聞きました。そのころのマイケルは、まだ変な癖もつかない伸びやかな声で歌っていたのです。

ついでに、今は亡き平岡正明の講演かDJの声でもないかなとか、好きだった「ぼくらの街は川っぷち・・」という歌は誰か歌ってないかなとか埒もなく検索しているとき、何気なく大好きな夏目雅子の声が聞きたいなと出してみると、「NHKの大罪 夏目雅子も放射線を浴びた?シルクロード核汚染」と題した対談で、夏目雅子が白血病で亡くなったのはNHKのシルクロードの番組で現地へ行ったことが原因だったという、ショッキングな話題が語られていました。

そこで紹介されていた週刊新潮は読んでいませんが、そういえばとだいぶ前に購入していた本書を思い出しました。

1964年から96年まで、このシルクロードで行われた核実験でウイグル人を主体とする現地住民19万人が放射能関連の障害で亡くなり、129万人が急性放射能障害になっているといいます。

ここはつい4年ほど前に暴動が起こり中国政府が大弾圧したウイグル地区です。

皆等しく平等だという共産主義革命を成し遂げたのに、情けないことに中国の多数派=漢民族の排他主義以外の何ものでもありません。

1980年頃からNHKが大々的に啓蒙したシルクロード番組によって一大ブームで84万人が観光で行ったというのですから、その人たちもその後に癌になったりして大勢亡くなっているはずです。NHKはそのことを認めようともせず、ひた隠しにしているといいますから、良くないと思います。

この事実から想起するのは、わが広瀬隆が1982年に上梓した衝撃的な『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』という本です。

彼はアメリカの有名なハリウッド俳優たちの多くが癌で死んでいるのには訳があるというのです。それは1950年にネバダ核実験場で頻繁に核実験が行われ、まさに西部劇のロケが近辺で何ヵ月間も敢行されて、死の灰と放射能を思いっきり浴びたからで、元俳優のレーガン大統領は売れない俳優だったから死を免れたというのです。

それにしてもいろいろ調べていくと、雑誌「正論」はじめ右翼的・保守派メディアが主体になってこの問題を追求しているあたり、笑ってしまうのは私だけでしょうか。






サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
『句集 別の朝』
『彼らが若かった頃――姉と弟の物語』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 たべるのがおそい3
(小川洋子、倉田タカシ他編)
2位 蜜蜂と遠雷
(恩田陸)
3位 北海タイムス物語
(増田俊也)
■青森■成田本店様調べ
1位 蜜蜂と遠雷
(恩田陸)
2位 九十歳。何がめでたい
(佐藤愛子)
3位 100歳の精神科医が見つけたこころの匙加減
(高橋幸枝)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 蜜蜂と遠雷
(恩田陸)
2位 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇
(ケント・ギルバート)
3位 応仁の乱
(呉座勇一)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約